ホテル葬・社葬

会社が故人の生前の業績を讃えるために全社を挙げて行う葬儀です。
故人の生前の業績を讃える意義を持っています。

資料をダウンロードする

社葬とは

社葬とは、自社の企業開発に対し、特に功績のあった人が亡くなったときに、全社を挙げて行う葬儀です。
故人の徳を偲び、生前の業績を讃えて、送る者がその意思を理解し継承することを示す儀式であり、企業対外的にもその主旨・目的を印象付けるものである必要があるでしょう。社葬を執行することは、何ごとにも心のこもった行為であることが要求されます。そのため、スムーズな進行と参列者への配慮、企業としての品格を問われる荘厳な運営が不可欠です。
社葬の善し悪しは、最終的に主催者たる企業に評価に繋がります。したがって、社葬の実施には綿密な計画を練り、十分な配慮が必要不可欠。いざというときにあわてないように、事前に準備をしておくことが重要です。

社葬には、大きく分けて三つの形式があります。
一つは、近親者による密葬ののち、日を置いて故人が生前に信仰していた宗旨で儀式的な葬儀を行う形。もう一つは、個人葬を執り行ったのちに、宗教色のないお別れ会、あるいは偲ぶ会を社葬として行う形。これらは火葬のあと、四九日の法要を行う前に執り行うのが一般的です。故人が一社にしかかかわっていなかった場合は一企業が単独で行いますが、故人が複数の企業の役職を兼務していた場合は、合同葬の形で行う場合があります。
また、同じ合同葬という名称で呼ばれるので企業が合同で行う社葬と混乱しがちですが、個人葬と社葬を併せて行う合同葬もあります。こちらの場合は一般的なスケジュールで死後、日を置かずに執り行います。大規模な社葬を行うには日程的に厳しく、一時はあまり行われなくなってしまいましたが、近年、増える傾向にあります。それには、一回の葬儀で済むので参列者や遺族の負担が軽減されることなどが理由のようです。

  • 社葬には大きく3つの形式があります
  • 密葬ののち儀式的な社葬を行なう場合
  • 個人葬ののちお別れ会などを行なう場合
  • 個人葬と併せて合同葬を行なう場合

社葬の目的

社葬の一番の目的は死を悼みその意思を継承することがを示すことにありますが、経営上の位置付けとしては次の二つが挙げることができます。

社内に対して
企業文化を体現し、より一層の結束をはかります。
先人を敬う儀式によって、社員一人ひとりに、故意の意思を継承しよう、会社をより発展させようという意識が生まれるでしょう。日常業務とは全く異なる儀式を施行することによって、社内体制をより強固なものへ結束する効果も得られます。次期後継者は、先人を敬い、故人を立派に葬送することによって、故人の志しと事業の継承する意思を自ら示し、それを社内外にアピールする機会となります。
社外に対して
企業を取り巻くすべての関係者が一同に会する社葬では、そうした人々の前で自社の次代の躍進と新たな方向性を示し、無言の承認を受けるという目的も持ち合わせています。
葬儀委員長や来賓の決定、焼香順位、供花配列などは、すべて会社の価値観、意思表示とみなされます。故人の葬儀には間違いないのですが、取り巻く社会(顧客・株式・一般会社)に対する価値観を今一度確認する必要があります。これらを十分に検討するためにも準備期間が必要となります。

社葬の意義

社葬を別に行うことで、故人葬への参加者を極力減らすことが可能。

社葬には遺族が知らない仕事関係の大切な知人にも参列していただけます。それにより、故人葬では、プライバシーを冒すことなく、故人と親しかった人に参列していただくことができます。
社葬を行わない場合、後で訃報を知って自宅に大勢の弔問客が訪ねてくるといったケースもあります。

費用と人的なフォローが可能

社葬にすることで、葬儀に掛かる費用の大部分を会社が負担することができる。また、準備や当日の進行、葬儀後の処理なども会社がフォローするので、気遣いを減らすことができます。

社葬の定義

  • 故人の徳を偲び、生前の業績を讃えて、送る者がその意思を理解し継承することを示す儀式。
  • 事業と遺志を故人より継承することを公に示す場となるため、万全の体制と周到な準備が必要。
  • 社内に対しては、各社員が企業文化を体現し、より一層の結束をはかる機会となる。
  • 儀式的な祭典を行うケースと、宗教色を排したお別れ会式のもの、個人葬と併せて行う合同葬がある。

社葬に関する詳しい資料をご覧になりたい方は、こちらからダウンロードしていただけます。

資料をダウンロードする

ページの先頭に戻る